TOPICS

面接のすすめ

面接開始10分前には到着しておきましょう。
企業側の準備が間に合っていない場合急かせてしまうことになるので、早く行き過ぎるのもよくありません。
遅刻は論外ですが、電車の遅延等でやむを得ず遅刻してしまう場合は、事前にその旨を伝えておきましょう。

01控室

企業に着いた時点で面接は始まっています。
誰もいないからといって、携帯電話をいじったり、音楽を聴いたり、うろちょろ歩き回ったりしないように。
携帯電話の電源は切っておくか、バイブも鳴らないマナーモードにしておきましょう。

02面接会場に移動

面接会場のドアはノックを3回して、中から「どうぞ」と言われたら入りましょう。ノック2回は空室確認、3回は入室確認を意味します。
中に入ったら、ドアの方を向き静かに閉めます。
ドアを閉め終わったら面接官の方を向き直り、元気な声で「失礼します」と一礼してから椅子に向かいましょう。
椅子の横に立ち、「〇〇〇〇と申します。よろしくお願いします」と挨拶をします。
座るタイミングは、面接官に「おかけください」と勧められてから「失礼します」と一礼して座りましょう。

<面接会場で先に待っている場合>
あなたが先に面接会場に通される場合は、椅子に座って静かに待ちましょう。面接官のノックとともに即座に立ち、面接官が席についたら、「〇〇〇〇です。本日は面接のお時間をいただきありがとうございます。よろしくお願いします。」と挨拶をします。座るタイミングは、面接官に「おかけください」と勧められてから「失礼します」と一礼して座りましょう。

03面接時

<話し方>
面接は大切なコミュニケーションの場。話すときは面接官の目を見て話すようにしましょう。緊張するかもしれませんが、自然な笑顔も忘れないように。受け答えははっきりと、語尾まできちんと話し切りましょう。
質問の意図がわからない場合は、わからない状態で答えるのではなく、「質問は~ということでしょうか?」など確認を取りましょう。

<かばんを置く位置>
かばんは足元に立てて置く。
隣の椅子に置く、足元に横向きに置く、膝の上に置く等はNG。

<座り方>
座り方は、背もたれは使わずに少し浅めに座って背筋を伸ばしましょう。
手の位置は、男性は軽く握った状態で、女性は手を重ねて太ももの上。
女性は膝が開かないように注意しましょう。

<携帯電話>
携帯電話は電源を切るか、バイブの鳴らないマナーモードにしましょう。
バイブが鳴るだけでも減点対象になる可能性があります。基本的には電源を切るか、機内モードにしておきましょう。
当たり前ですが、机の上に置くのはNG。かばんの中に入れておきましょう。

<筆記用具>
面接にはボールペン・ノート・手帳など、メモが取れるものを持っていきましょう。
次回の面接日程や質問の答えをメモするのに、面接官に借りたり、ありあわせの紙に書いたりすると減点の対象になるので注意。

04退室

面接にはボールペン・ノート・手帳など、メモが取れるものを持っていきましょう。
次回の面接日程や質問の答えをメモするのに、面接官に借りたり、ありあわせの紙に書いたりすると減点の対象になるので注意。