TOPICS

職務経歴書の書き方

まず書き始める前に

職務経歴書は、履歴書に書ききれない職歴の詳細な情報とさらなる自己PRができる資料です。
応募先の企業に自分をどうアピールできるのか、
そして、企業がどんな人材を必要としているかを踏まえて内容を考えていくとよいでしょう。

職務経歴書の書き方

職務経歴書はパソコンで作成することをおすすめします。もちろん、企業側から手書き作成と指定がある場合は従いましょう。
フォーマットに決まったものはありません。自分に合ったものを選ぶ、もしくは作成しましょう。
自分で作成する場合は、フォントを統一し、箇条書きを意識するとより読みやすくなります。

1.日付

職務経歴書を提出する日、郵送の場合は郵送する日を記入しましょう。
面接に持っていく場合は面接の日を記入しましょう。

2.職務経歴

今までの経験を詳細に、読みやすく記入しましょう。

<会社名>
会社名は「(株)」と省略せずに「株式会社」と正式名称で記入しましょう。

<入社・退社年月>
在籍期間は日にちまで記載する必要はありません。

<事業内容>
退職時に実施していた事業内容を記入しましょう。

<業態>
どのようなジャンルのお店かを記入しましょう。
例)和食、イタリアン、フレンチ、居酒屋、ダイニングバー、寿司、焼肉、カフェ、ラーメンなど

<職種>
どのような仕事内容かを記入しましょう。
例)ホール、調理、店長、料理長、バーテンダー、パティシエ、寿司職人など

<月売上高>
配属店舗の売上高を記入しましょう。

<職務内容>
どのような仕事内容で、どのようなポジションを任されたのかを具体的に記載しましょう。

3.職務要約

今までの経験で成果や実績を積んだエピソードやそれを今度どう活かせるかをアピールするとよいでしょう。
またこれまでの成功談など、ご自由に記入してください。